ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げる

ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!

 

「脂ののった魚」と聞くと、ブリを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。「ブリ」という名前の由来は、一説には「あぶら」から「ぶら」、「ぶり」と変化していったとも言われているくらいです。

 

その脂は、中性脂肪を下げる働きのあるEPAとDHAです。

 

古くから日本の食文化に根付いている魚で、お祝い事には欠かせないという地域も多くあります。

 

ちょっと迷いがちな「選び方」もあわせてご紹介したいと思います。

 

ブリ(鰤)の種類

ブリを選ぶのは難しい!なぜかと言うと、出世魚だからです。成長に従って名前が変わっていく出世魚は縁起が良いとされていますが、ブリを買いに行っても「ブリ」という名前で売られていないこともあるので、お魚初心者には実はちょっとハードルが高い魚なのです。

 

そして地域によって呼び名が違う点も、難易度を上げている理由の一つ。

 

呼び名の違いは大きさによって分けられますが、よく聞くところの名前を挙げてみると「イナダ」「メジロ」「ハマチ」「ワラサ」はいずれもブリになる前の名前。ブリが旬ではなくて売り場になくても、これらの名前であれば代用できます。

 

だいたい身の大きさが70センチメートルくらいになってくると「ブリ」と呼ばれるようになります。ただしやはり旬の時期の魚は脂がのっていて美味です。ブリになる前の小さい状態だと、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

そんな時には「カンパチ」や「ヒラマサ」を買ってみるのも手です。これらはブリの仲間の魚で、ブリの旬は冬ですが、カンパチやヒラマサは夏に旬を迎えるのでブリの入手が困難な時期でも楽しむことができます。

 

ブリ(鰤)に含まれている栄養素・成分

EPA・DHA

たんぱく質、脂質を共にしっかり含んでいます。脂ののりはとくにお腹側で良く、n-3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)であるEPAやDHAの摂取に適しています。

 

魚を食べて血中脂質バランスを改善したいという考え方の中心には、EPAやDHAの働きがあります。

 

EPAやDHAは血栓という血の塊を溶解してくれることで血管が詰まりにくくなったり、血小板の凝集を抑制することで血液の粘度を適正にしてくれたりする効果が期待できる脂肪酸です。

 

血液が粘度を持つことや血栓を形成することは、動脈硬化やひいては虚血性心疾患や脳血管疾患といった命をおびやかすような状態を引き起こします。

 

血中の中性脂肪値が高い、コレステロール値が高いという状況はすでにバランスが崩れ始めており、非常にリスクの高い状況です。EPAやDHAの意識的な摂取で状況改善に努めましょう。

 

ビタミンE

またビタミンEも豊富。ビタミンEは別名「若返りのビタミン」なんて呼ばれることもある、抗酸化力の強い栄養素です。酸化されやすい性質を持つEPAやDHAと相性が良い組み合わせになっています。

 

抗酸化作用は今とても期待されている効果です。反応性の高い酸素である活性酸素は、ある程度は身体に必要なものではありますが、多すぎることは種々のトラブルを引き起こします。

 

現代社会では活性酸素が発生しやすい環境にあります。活性酸素は生体膜や細胞膜の不飽和脂肪酸を酸化しやすく、過酸化脂質が生成されてしまいます。

 

また血中コレステロールも酸化されやすく、過酸化脂質の生成につながります。過酸化脂質は血管壁に沈着して、やがて動脈硬化を引き起こします。そのため抗酸化力の強いビタミンEの働きは非常に重要なのです。

 

ビタミンEは過酸化脂質を分解することで血行を改善してくれることでも知られています。

 

タウリン

このほかブリの血合い部分には鉄分や肝機能を高めてくれるタウリンが含まれています。タウリンもコレステロール値改善に働いてくれる、魚介類から摂取したい成分の一つ。

 

ブリはいかにも脂がのっていますが、味わいを裏切らない栄養価の高さを誇る魚なのです。

 

ブリ(鰤)の選び方と注意点

さばかれる前の状態であれば、身がふっくらしていてハリがあるかを見ましょう。

 

切り身で見ることが大半だと思われますので、身に透明感があり、血合いも鮮やかな色合いであるかを確認しましょう。身が黒っぽくなってしまっている場合は鮮度が落ちているので避けるようにします。

 

EPAやDHAは酸化に弱いので、鮮度が落ちているということは身が空気にさらされていた時間が長いということになります。せっかく良質な脂肪酸を求めてブリを食べるのに、酸化されていてはかえってマイナスになってしまいますから、注意しましょう。

 

保存の際も空気にさらさないことを意識します。ペーパータオルで包んだ上からラップをして密封して、冷蔵庫のチルド室で保存しましょう。

 

冷凍の場合はできるだけ速やかに凍るようにすると状態の良いまま保存することができます。

 

ブリ(鰤)のEPA・DHAを上手に取り入れるコツ

ブリには定番料理がいくつかありますね。EPAとDHAを摂るには、どんな風に食べるのが良いのでしょうか。

 

生で・お刺身

鮮度の良いものは刺身で楽しむのがイチバンかもしれません。生はEPA・DHAはもちろん栄養素の損失が抑えられる優秀な調理法であり、新鮮なものでしか楽しむことのできないぜいたくな楽しみ方ですよね。

 

焼く・ブリの照り焼き

「ブリの照り焼き」。みりんや料理酒、お醤油の味付けでごはんにもよく合う、おいしい食べ方です。調理で気をつける点は、もともとしっかり脂を含んでいる食材ですから、調理の際に脂質を追加しすぎないように仕上げると良いでしょう。

 

煮る・ブリ大根

定番料理と言えば「ブリ大根」もあります。煮物は汁まで摂取することで流出したEPAやDHAも摂取できますので、効率の良い摂り方と言えます。

 

茹でる・ブリしゃぶ

EPAやDHAが摂れる点が優れているとは言え、あまりに脂ののりが良い場合にはしゃぶしゃぶも良いでしょう。

 

脂がのっているということはそれだけエネルギーもかさんでいきますから、適度な摂取には良い調理法だと思われます。さっぱりと食べられることと、あわせて野菜類を追加すると良いでしょう。

 

ブリにもビタミンEは豊富ですが、緑黄色野菜にはβ−カロテンやビタミンEといった抗酸化作用を持った栄養素が豊富です。

 

なおかつこれらは脂溶性ビタミンで油脂と一緒に摂ると吸収率が高まりますから、ブリの脂が活かされるのです。

 

まとめ

天然のものだけでなく養殖も増え、ブリは脂ののった身が比較的長い期間楽しめる魚となりました。

 

養殖ものでは、ブリの魅力である脂部分が強調されていて、少しくどい場合もありますから、料理法で上手に脂を落としながら適度に楽しむのが良いかもしれません。

 

いずれにしてもブリがEPAやDHAの摂取源として、「脂がのっている魚」の代表格であることには、今も昔も変わりがないようです。

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • 管理栄養士のチカさん
  • フリーの管理栄養士として、ライター業務のほかに、食関連資格の教材作成や専門学校講師などの仕事をしています。

 

ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!