サバで中性脂肪対策!EPA・DHAの量が豊富でおいしい青魚です

 

身体に良いとされる「青背魚」。これは動物学的な分類ではなくて、表皮の背中あたりが青光りしている魚をグループにした呼び名です。

 

サバ(鯖)はその代表格とも言える存在で、日頃から召し上がる機会も多いのではないでしょうか。

 

サバには中性脂肪を下げるEPA・DHAが豊富に含まれている魚ですから、中性脂肪対策として積極的に摂りたい食材の一つです。

 

脂がのっている点がおいしく好きな人にはたまらない魅力ながら、青背魚が苦手な方にはそのあたりが気になる様子。

 

サバは加工品も多いので、好きな人&苦手な人両者のリクエストに応えやすい食材です。

 

サバ(鯖)の種類

「サバ」というのはサバ科の海水魚の総称で、一般にサバという時はマサバを指すことが多いのですが、そのほかにもゴマサバ、タイセイヨウサバという種類があります。

 

マサバは秋から冬に旬を迎え、この頃に脂質含有量が高くなる種類です。

 

ゴマサバはお腹に小さい黒い斑点があるのが特徴で、その特徴がゴマのようであることからゴマサバと呼ばれています。年間を通して味がほぼ一定に保たれることから、ゴマサバも多く流通しています。

 

タイセイヨウサバはサバとして売られているもののうち、外国産のものの大半を占めていて、背中にくっきりとした紋があるのが特徴です。

 

マサバはものによっては高値が付くこともあるので、安いものや加工品にはタイセイヨウサバが利用されることが多くあります。

 

サバ(鯖)に含まれている栄養素・成分 どの栄養素が中性脂肪にいいの?

魚ですから良質なたんぱく質が摂取できることはもちろん、うま味成分のイノシン酸も多く含まれます。サバはサバ節にされるくらいですから、味が良いのはよく知られていること。

 

さらに魚油の摂取に適しているとされる青背魚の中でも、サバは特に脂質を多く含んでいることが特徴です。魚からの摂取を期待したいEPAやDHAがたくさん摂れるということですから、見逃せません。

 

血中LDL−コレステロールや血中中性脂肪の低下、血栓予防といった働きが期待でき、動脈硬化のリスクを低減してくれます。

 

血合い部分には鉄分や、エネルギー産生栄養素の代謝に欠かせないビタミンB群も含まれていますから、貧血の防止やエネルギー代謝にも活用できます。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも含んでいますので、骨の健康にも寄与します。

 

サバ(鯖)の選び方と注意点

「さばを読む」という言葉の語源にもなったと言われるサバ。足が早いので鮮度劣化しないうちに急いで数を数える際に数をごまかしたことから、「さばを読む」という言葉が生まれたとされています。

 

その話の通り、サバは鮮度劣化が早い魚です。選ぶ際には皮が青光りして鮮やかであるかを確認しましょう。身には弾力と透明感を求めます。

 

サバで気をつけたいのが、アレルギー症状。豊富に含まれるアミノ酸が酵素によってヒスタミンに変化すると、これがアレルギーのような症状を引き起こすのです。

 

鮮度に注意したいのは、摂取を期待するEPAやDHAにも関係しています。EPAとDHAはいずれもn−3系多価不飽和脂肪酸に属しますので、「酸化されやすい」という特徴を持っています。

 

空気に触れている時間が長ければそれだけ酸化が進んでしまいます。酸化してしまった油は下痢を起こしたり、腸管を傷つけたりします。さらには動脈硬化のリスクを高めてしまう心配も。

 

本来EPAやDHAに期待していた働きと真逆のことになってしまいますので、サバは選ぶ際にも、保存の際にも鮮度を意識することをお忘れなく。

 

EPA・DHAを上手に取り入れるコツ

サバはいろいろな食べ方ができる魚です。刺身や塩焼きなどのようにシンプルに味わっても、脂質の多さからおいしく味わえます。

 

刺身で食べるには少し脂っこさが気になるという方は、かんきつ類などとあわせると食べやすくなるでしょう。

 

味噌煮なども定番の調理法ですよね。和食ばかりでなくソテーやリエットのようにも利用でき、案外サバを日々の食生活に取り入れるのは難しくないのではないでしょうか。

 

鮮度が良いものを刺身で食べることができるなら、調理に油がプラスされないので良いですね。すでにサバには脂質はたっぷり含有されていますから、あまり調理の油は追加したくありません。

 

また、EPA・DHAは、通常の調理の過程で脂肪と共に流れ出してしまい、煮たり焼いたりすると80%、揚げ物にすると50%に減ってしまう点だけは知っておいて下さい。

 

ただ、調理によってEPA・DHAが減ると言っても、食べない(摂らない)よりは良いので、可能な範囲で注意するといった感じで良いと思います。

 

サバ缶がおすすめ!

さらにオススメしたいのが、サバ缶。サバの味噌煮のように調理済みのものもありますが、利用の幅が広いのがサバの水煮缶です。比較的安価なうえ、コンビニエンスストアなどでも取り扱われていることが多く、入手も容易な点もうれしいですね。

 

水煮されて缶に入っていれば酸化の心配は薄く、あらかじめ火が通されていることで別の料理へのアレンジも短時間で簡単に行えます。

 

アレンジに困るようであれば、いつもツナ缶でしていたようなことをそのままサバの水煮缶に置き換えてみるだけでも良いでしょう。

 

サバからの摂取を期待している、EPAやDHAが水煮の汁に流出している場合でも缶詰であれば汁ごと利用することで損失を抑えることができます。

 

サバ(鯖)の臭みが気になる方は

青背魚が苦手な方にとっては、特にサバの匂いは気になるかもしれません。

 

サバの臭みを消すコツは、お酒などを利用する方法があります。そのほかにも、唐辛子やしょうが、にんにくなど香辛料を使うのも手です。

 

また牛乳には臭みを消してくれる作用がありますので、下準備に使用してみても良いでしょう。

 

サバにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれていますので、実はカルシウム豊富な牛乳・乳製品との相性は、味わいのみならず栄養面でも好相性なのです。

 

EPAやDHAの効率的な摂取でオススメしたサバ缶は、匂いが気になる方にも比較的オススメです。生魚よりはクセもマイルドになっています。

 

まとめ

魚定食の定番メニューといったら、サバの塩焼きは外せないのではないでしょうか。

 

いろいろな調理法があるとはいえ、サバのおいしい食べ方と言ったら、個人的にはやはり塩焼きが群を抜いているように思います。

 

最近ではコンビニエンスストアで、レンジアップするだけで食べられるサバの塩焼きやサバの味噌煮も売られるようになってきました。

 

サバ缶だけでなくこれらの加工品も含め、日頃の食生活に青背魚を取り入れたいと思っている方には手軽に始められる良い商品が揃ってきているように思います。

 

身体に良いとは思っても、生魚を買ってきて調理するのはハードルが高いとお思いの方は、加工品からチャレンジなさってはいかがでしょうか。

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • 管理栄養士のチカさん
  • フリーの管理栄養士として、ライター業務のほかに、食関連資格の教材作成や専門学校講師などの仕事をしています。

 

 

サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!
ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!