にんにくの栄養素、ビタミンB1&アリシンに中性脂肪を減らすパワーあり!

にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!

 

みなさんは、にんにくに対してどのようなイメージをお持ちですか?にんにくを食べると「元気になれる」「疲れがとれそう」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

 

にんにくは、パワーがでるだけでなく、脂肪燃焼(中性脂肪を増加させない)や動脈硬化予防の効果が期待できる栄養素も入っています。また、調理方法によってはさらに効果を得ることができるのです。

 

これから、にんにくの栄養素や効能、そしてにんにくの上手な食べ方についてご紹介していきたいと思います。

 

にんにくの栄養士

まずは、にんにくに含まれるパワーの源や健康に良いとされる栄養素とその効果についてみていきましょう。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるときに働く酵素の手助けをする補酵素になります。

 

糖質をしっかりと分解して十分なエネルギーを作るため、体を元気にし、体内に乳酸などの疲労物質が貯まることを防いでくれます。

 

糖質が上手くエネルギーに代謝されないと、余分な糖質は脂肪として体に蓄えられてしまいます。つまり、ビタミンB1は中性脂肪を増加させないためにも必要な栄養素になります。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は、脂質とたんぱく質の分解に働きます。脂質を燃焼してエネルギーにする際に必要な栄養素です。

 

こちらも中性脂肪を減少させるためには、重要な栄養素になります。

 

アリシン

にんにくは生のままではにおいはしません。おろしたり、刻んだりすることで特有のにおいがします。

 

これは生のにんにく含まれる「アリイン」というたんぱく質が、にんにくに含まれる「アリイナ―ゼ」というたんぱく質分解酵素によって「アリシン」へと変化するためです。

 

「アリシン」はにんにくの特有のにおい成分になり、またにんにくパワーの源にもなるのです。

 

では、アリシンの効能について整理してみましょう。

 

殺菌・抗菌作用

風邪のウイルスや水虫菌を弱めたり、殺したりすることができます。そのため、風邪や水虫予防になります。

 

新陳代謝の亢進

血液の流れをスムーズにしてくれるため代謝を高める効果もあります。そのため、冷え症や不眠症の方にも効果があります。

 

体力増強・疲労回復

体にコンスタントにエネルギーを補給するには、エネルギー代謝が重要になってきます。

 

エネルギー代謝に欠かせないのがビタミンB1です。しかし、ビタミンB1は水溶性であるため吸収率が低いです。ところが、アリシンとビタミンB1が結合すると「アリチアミン」になり脂溶性に変化します。

 

脂溶性に変化することで、ビタミンB1の吸収率が高くなり、体内に蓄えやすくなります。よりエネルギー代謝が円滑になることで体力増強や中性脂肪増加を抑える効果が発揮されます。

 

アホエン

アホエンは、アリシンを加熱することで作られます。アホエンは、血栓(血の塊)を作りにくくする働きを持ち、そのため動脈硬化や心筋梗塞の予防効果を持ちます。その他にも老化防止、アルツハイマーの予防にも効果があると言われています。

 

にんにくの食べ方

にんにくの食べた方についてご紹介していきます。

 

アリシンを発生させるには「するおろし」べベスト

にんにくは、すり下ろしたり、みじんぎり、スライス、ひび割れ、叩くなど様々な下ごしらえの方法があります。

 

にんにくは、スライスよりみじん切り、さらにすりおろして使うのが効果的な使い方になります。にんにくの細胞がより細分化され、より多くのアリシンを生み出すことができるためです。しっかりとパワーをとりたいときは、すりおろして使うのがおススメです!

 

みじん切りをするときは、まな板ににんにくを置き、包丁の腹で押し潰します。潰したにんにくを端から刻むと簡単にできます。

 

また、たまねぎと同じ要領で、横と縦に包丁を入れておいて、端から刻む方法もあります。にんにくの芽は調理のときに焦げやすいため、取り除いておくと良いですね。

 

にんにく有効成分を効率的に摂る方法

次に有効成分を効率的に摂る方法を紹介します。

 

細胞を壊すことによって生まれる「アリシン」は揮発成分です。そのため、下ごしらえしてから20分くらい放置すると空気中に逃げてしまいます。

 

下ごしらえは調理直前にするようにしましょう。すぐ調理しない場合は、下ごしらえしたにんにくをすぐに油に溶かし込んでアリシンをキープすることが重要です。

 

また、油に溶け込むと一部のアリインはアホエンという成分に変わります。アホエンを多く生成する方法もあるのでご紹介しますね。

 

にんにくのみじん切りとオリーブオイルを合わせておきます。それを沸騰したお湯で湯煎し、自然に冷めるまで3時間ほど放置します。出来上がったオイルは、冷蔵保存して1週間程度で使いきるようにしましょう。

 

また、炒め物ににんにくを使うときには注意点があります。フライパンや鍋に油とにんにくを入れて火をつけて、弱火でゆっくりと加熱しましょう。

 

高温の油の中にいきなり入れると、たんぱく質分解酵素である「アリイナ―ゼ」が失活してしまうため、アリシンの生成がされなくなってしまいます。

 

余っちゃう?にんにくをムダなく上手に保存する方法

最後に、ムダなく上手に保存する方法をご紹介します。

 

皮をむいてしまったにんにくは、冷凍保存かにんにく調味料にしましょう。

 

冷凍するときは、丸ごと、または薄切りかみじん切りにして1回使う分に小分けしてラップに包んで保存します。

 

にんにく調味料は、作っておくと様々な料理に使うことができて便利です。

 

オイル漬けは、にんにく(100g)をみじん切りするかすりおろします。にんにくを耐熱瓶に入れて電子レンジで600W1分加熱します。その後、オリーブ油(1カップ)を注いで蓋をします。常温保存で1年保存できます。

 

醤油漬けは、にんにく(1玉)を皮をむいて耐熱瓶に入れて電子レンジで600W1分加熱します。そこにしょうゆ(1カップ)を注いだら出来上がりです。漬けたにんにくは、刻んで薬味として使えます。

 

まとめ

にんにくはたくさんの健康パワーを持っていることを理解していただけたでしょうか。

 

疲れにくい体、脂肪を燃焼しやすい体を手に入れるためには、ぜひ取り入れたい食材ですね。中性脂肪対策にもなります。

 

効能を効果的に得るには、「すりおろす」「調理直前に下ごしらえをする」「炒めるときは、弱火でじっくりと」でした。

 

いくら体によいからといって生で大量に食べると、胃に穴が空いてしまうことも分かっています。生の場合は、1粒程度にしましょう。

 

大量に食べたからと言って効果が高くなるわけではありません。大切なのは、毎日続けて食べることです。

 

適量を食べ続けることで、にんにくの効果が24時間続いてくれます。ぜひ、ほどほどの量を料理に取り入れて楽しく食べてみてくださいね!

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • あやさん
  • 資格:管理栄養士
  • 大学・大学院で生活習慣病について研究。卒業後、製薬会社に勤務。栄養学に興味を持ち、管理栄養士資格を取得。

    現在、ダイエット・更年期向けの食事アドバイスを行っている。

にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!
ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!