れんこんのポリフェノールを上手に摂って中性脂肪を下げましょう

れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?

 

れんこんは、たくさんの体に良い効果をもたらす栄養素を持つ食材であることをご存知でしょうか?

 

淡泊な色で一見あまり栄養素を持たないのかなという印象を受けやすいですが、ビタミンCやミネラルを豊富に含んでいます。また、糖代謝や脂質代謝を助ける働きを持つビタミン類も含まれています。

 

その他にも、れんこんに含まれるポリフェノールが、中性脂肪を減らしたたり、脂肪肝を改善したり、アレルギーを抑えてくれるという報告もあります。

 

これから、私たちの体を健康にしてくれるれんこんについて詳しく説明していきます。

 

れんこんに含まれる栄養素と効能

まずは、れんこんに含まれる栄養素とその効能について紹介していきます。先ほども少し触れたように、れんこんには栄養素が豊富に含まれています。

 

ビタミン類では、ビタミンCが多く含まれ、野菜には珍しいビタミンB1、ビタミンB2も含まれます。ビタミンB1は糖代謝、ビタミンB2は脂質代謝を助ける働きをもつため、食べ物を効率よく代謝するのに不可欠なビタミンです。

 

また、カリウム、カルシウム、鉄、銅などのミネラルも豊富に含んでいます。その他には、肥満防止や便秘予防に効果のある食物繊維や粘膜や胃の保護をしてくれるねばり成分であるムチンも含みます。

 

また、れんこんの切り口は、すぐ変色してしまいます。変色する原因となる物質が、ポリフェノールです。このポリフェノールの効能はたくさん報告されています。

 

例えば、抗酸化作用、炎症の抑制、そして脂肪肝の改善、アレルギー症状の抑制の効果を持つということがわかっています。

 

ここから少し脂肪肝の改善効果のメカニズムについて説明していきます。すぐにエネルギーとして使われなかった糖質は脂肪酸を経て中性脂肪に変わります。

 

そのとき、糖質を脂肪酸に変える働きを持つ酵素をれんこんのポリフェノールが阻害して、中性脂肪の合成を抑制します。

 

もう一つは、中性脂肪の原料である脂肪酸を合成する経路としてクエン酸回路があります。このクエン酸回路をれんこんのポリフェノールが阻害することで、脂肪酸の合成を減らし、その結果、中性脂肪の合成を減らしています。

 

このように、れんこんのポリフェノールは、中性脂肪の合成を減らすことで脂肪肝の改善効果を持つと言われています。

 

れんこんの選び方

れんこんの上手な選び方についてです。

 

れんこんは、蓮の地下茎で泥の中で育つため、皮の色や汚れは自然なものです。部分的にしみのようなものが出ていたり、表面が乾いているものは、収穫から時間がたっているものになります。

 

一方、ふっくらとしていて傷がなく、なるべく切り口が茶色に変色してないものが良いれんこんです。ずっしりと重みがあるものは、まだ水分が抜けてなくみずみずしいので、このようなれんこんを選ぶようにしましょう。

 

れんこんの保存方法

れんこんの保存方法は、切っていない1節丸ごとを保存するときは、新聞紙に包んだ後、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

 

保存期間の目安は、1週間程度です。切り口がある場合には、ラップでしっかりと空気と触れないように包み、断面が乾燥しないように気をつけましょう。なるべく3〜4日以内には使いきるようにしましょう。

 

また、れんこんは冷凍保存もできます。冷凍する場合には、使いやすい大きさに切り、表面の水をキッチンペーパーなどでしっかりとふき取ってから、保存袋に入れて冷凍保存します。保存期間の目安は、2〜3週間になります。

 

れんこんを料理に使うときの注意点

れんこんを料理に使うときの注意点についてです。れんこんは変色しやすいため、切ったら酢水または水につけておきましょう。

 

ただ、水につけるほど栄養素がどんどん抜けるので、つける時間はなるべく短時間にしましょう。変色してもいい時は、水にさらさずに使ってもOKです。

 

れんこんはどんな料理に使える?

れんこんは、和食でよく使われているイメージがあると思いますが、洋食としてパスタやグラタンに入れても美味しいです。さらに、中華料理であれば牛肉のオイスターソース炒めや春巻きの具としても使うことができます。

 

このようにれんこんは、様々なジャンルで使うことができるので、飽きずに食べることができます。

 

また、れんこんは切り方によってさまざまな食感も楽しむことができます。

 

シャキシャキ感を味わいたいときは、薄切りに切り、さっと茹でてサラダにします。変色を抑えるためにも酢が入っているドレッシングを使うといいでしょう。

 

もちもち感を出したいときは、すり下ろしてハンバーグの具と合わせるといいでしょう。食感も残したいときは、すり下ろすのではなく、厚めの袋にれんこんを入れ麺棒でたたいて潰すと、自分好みの食感を残すことができます。

 

また、れんこんが苦手な方はすりおろして料理に混ぜると食べやすいです。ホクホク感を出したいときは、大きめに切り、おでんの具として使ったり、カレーやシチューなどに入れても美味しく食べることができます。

 

また、れんこんの切り口は穴が空いて独特な形をしているので、カレーやちらし寿司などのトッピングに使うと華やかさを出すこともできます。

 

れんこんのポリフェノールを効率的に摂る食べ方

次に、れんこんのポリフェノールを効率的に摂る食べ方について説明します。

 

れんこんのポリフェノールは、皮から約3mmに集中して含まれます。皮をむいたり水にさらすとポリフェノールが減ってしまいます。そのため、そのまま食べるのが理想の食べ方です。皮ごと食べるときは、たわしなどでこすり洗いをしてから使いましょう。

 

れんこんをそのまま食べる手軽な食べ方として、れんこんをパウダーにするのがおススメです。

 

作り方は、れんこんを良く洗い、皮つきのままごく薄い輪切りにします。その後、天日干しで2〜3日乾燥させ、カラカラに乾燥したら、ミルで粉末状にすれば出来上がりです。

 

この粉末は、お湯に入れて温かい飲み物として飲むと、優しい甘味を感じることができます。また、とろみがつくのでスープやお味噌汁に入れても美味しく食べることができます。

 

まとめ

れんこんの栄養素や食べ方についてご紹介してきました。

 

れんこんのポリフェノールの効果が知られるようになり、今では市販でれんこんの粉末が売られているほどです。

 

れんこんは、体にとって良い効果をもたらすだけでなく、様々な料理で使えることが分かったと思います。また、れんこんは、調理方法によって食感も楽しめるので、より食事を豊かなものにしてくれる食材でもあります。

 

早く中性脂肪を減らしたいという方は、「皮も一緒に食べること」を意識してみてください。

 

れんこんの知識を得た今日から、早速食事にれんこんを取り入れてみてください!

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • あやさん
  • 資格:管理栄養士
  • 大学・大学院で生活習慣病について研究。卒業後、製薬会社に勤務。栄養学に興味を持ち、管理栄養士資格を取得。

    現在、ダイエット・更年期向けの食事アドバイスを行っている。

れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!
ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!