えのき氷、干しえのきで摂るのがおすすめ!エノキタケには中性脂肪を下げる栄養素がたっぷり!

えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品

 

えのきは、クセがないのでどんな素材とも合うため、鍋やお味噌汁など様々な料理に使われている食材です。

 

また、えのきはカロリーが少なく、さらにはビタミンB1、B2、ナイアシン、マグネシウム、鉄、亜鉛などの栄養素が含まれています。ミネラル類の含量は、しいたけ以上に入っています。

 

その他にも、脂肪の吸収を抑制したり、コレステロールや中性脂肪を下げるなど体にとって良い働きをする栄養素も含んでいます。これから、えのきに含まれる栄養素やおススメの食べ方などについて詳しく紹介していきます。

 

エノキタケの栄養素

まず、えのきの栄養素について説明していきます。

 

先ほどあげたように、えのきはビタミン、ミネラルを豊富に含みます。特に、ビタミンB1の含有量はきのこの中でもトップクラスです。ビタミンB1は糖質や脂質の代謝を促進してくれます。

 

また、アミノ酸のGABA(ギャバ)も含まれているため、肝臓や腎臓の働きをよくする作用も持っています。そのため、疲れている時や食べ過ぎた後、代謝効率を上げるのにぜひ食べたい食材となります。

 

これから、えのきに含まれているその他の栄養素を取り上げてみたいと思います。

 

□エノキタケリノール酸
この栄養素は、体内の脂肪、特に内臓脂肪を減少させる働きを持ちます。

 

エノキタケリノール酸は、消化吸収されると脂肪細胞に入ります。すると、アドレナリンが脂肪細胞に集まってきます。

 

脂肪細胞とアドレナリンがくっつき、脂肪の代謝が活性化することで内臓脂肪を減少させることが報告されています。

□キノコキトサン
体内のコレステロール、中性脂肪を下げる作用を持ちます

 

そのため、生活習慣病や動脈硬化の予防効果があります。

 

このように、えのきは食べることで、中性脂肪を下げ、内臓脂肪を減らしてくれる効果を持つため、ぜひ積極的に食べたい食材であるということが分かったと思います。

 

では、次にえのきをどうやって食べるとおいしくかつ、効率的に栄養素を摂ることができるのか紹介していきます。

 

えのきの選び方と保存方法

まずはえのきの選び方と保存方法についてです。

 

全体が白っぽくてハリのあるもの、そしてかさが開いておらず、軸がピンと張っているものを選ぶとよいでしょう。

 

保存方法は、真空パックのものなら、冷蔵保蔵で1週間程度です。

 

冷凍保存をする時は、根元を切って小分けにして保存しておくと便利です。

 

えのきをおいしく食べる方法

次に、えのきのうまみを最大に引き出す方法を紹介していきます。

 

方法その1:ゆっくりと加熱する

1つ目は、「ゆっくりと加熱すること」です。これは、えのきに限らずきのこ全般に共通していることです。

 

きのこのうまみを作る酵素は、70℃以上で働かなくなります。さらに、うまみを壊す酵素は60℃付近で働かなくなります。つまり、60〜70℃でうまみの量が急増加します。

 

そのため、なるべく60〜70℃をゆっくりと通過するように加熱するようにしましょう。

 

きのこをゆでる際は、沸騰水に入れるのではなく、水から入れてゆでることでうまみをたくさん引き出すことができます。火力も弱火でコトコト加熱すると良いでしょう。

 

方法その2:干す

2つ目は、えのきを「干す」ことでもうまみがアップします。これは、干すことで細胞が壊れてうまみ成分が増加するからです。

 

干す前と後では、13倍もうまみ成分が増加したという報告もあります。

 

また、干すことによって食感もアップしますので、干して食べるとメリットがたくさんあります。

 

干し方は、まずえのきを小分けにします。その後、2日間、天日で干せば、干しえのき出来上がりです。

 

方法その3:凍らす

3つ目の食べ方としては、「凍らす」ことです。えのきを凍らすことで、細胞が壊れ、うまみ成分が増します。

 

中性脂肪を減少させるキノコキトサンが増える「えのき氷」の作り方

保存も長くでき、さらには中性脂肪を減少させる作用をもつキノコトキサンが増加する「えのき氷」について説明したいと思います。まずは、えのき氷を作る手順を紹介します。

 

準備するもの

  • えのき:200g
  • 水:250cc
  • ミキサー(またはフードプロセッサー)
  • 製氷皿
  • 保存袋

 

作り方

手順1

えのきの石突を1cmほど切ります。残った部分は3cm程度の長さに切ります。

 

手順2

ミキサー(フードプロセッサー)に切ったえのきと水を入れます。ペースト状になるまで攪拌します。

 

手順3

鍋にAを入れて沸騰させます。沸騰したら、弱火にして、ときどき混ぜながら煮ていきます。煮る時間は、20分〜60分です。
煮る時間が長いほど、キノコトキサンとうまみ成分であるグアニル酸が増加することがわかっています。
60分以上ではほとんど変わらないので長くても60分までがおススメです。

 

手順4

煮詰めたら、鍋を氷水につけて粗熱をとります。

 

手順5

Cを製氷皿にいれて、冷凍庫で凍らせます。

 

手順6

凍ったら、保存袋に移して冷凍庫で保存します。密閉した状態で、3か月保存ができます。

 

えのき氷を使うと美味しくなる料理

では次に、えのき氷を使うと美味しくなる料理を紹介していきます。

 

えのき氷は解凍しても、凍ったままでも使うこともできます。

 

肉料理の使い方としては、ハンバーグのたねに入れるとうまみたっぷりのハンバーグができます。

 

魚料理では、鯖の味噌煮を作るときに、味噌と解凍したえのき氷を混ぜて煮ると良いでしょう。

 

また、焼きそばや野菜炒めなどの炒め物の味付けに使うこともできます。えのきのうま味効果により、他の調味料の量を減らすこともでき、減塩にもなります。

 

また、白和えや胡麻和えなどの和え物には、調味料と一緒に解凍したえのき氷を加えることでよりコクのある一品ができます。

 

スープに入れるときは、解凍せずにそのまま入れることができるので手軽に使えます。

 

熱々のスープに入れて混ぜると、猫舌の方にはちょうどいい温度になるのでおススメです。

 

効果増強!えのきと一緒に合わせて食べると良い食品

えのきの中性脂肪やコレステロールの低下作用を増強する食べ合わせを紹介します。

 

それは、食物繊維が多いゴボウやこんにゃくと一緒に召し上がることです。ごぼう、人参、糸こんにゃく、えのきを入れたきんぴらごぼうがおススメです。

 

まずは、いつも作るきんぴらごぼうにえのきを足して作ってみてはいかがでしょうか。えのきの食感がプラスされることで、より噛み応えのあるきんぴらごぼうが出来上がります。

 

まとめ

えのきの効能、栄養素、食べ方について説明してきました。

 

えのきは、中性脂肪やコレステロールの低下作用を持つだけでなく、うまみ成分も持っています。そのため、えのきを料理にプラスすることでより美味しい料理が作ることができます。

 

また、「ゆっくり水から煮る」、「干す」、「凍らす」など少し手を加えるだけで栄養素をより一層引き出すこともできます。

 

まずは、できそうなことからぜひ試してみてください!

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • あやさん
  • 資格:管理栄養士
  • 大学・大学院で生活習慣病について研究。卒業後、製薬会社に勤務。栄養学に興味を持ち、管理栄養士資格を取得。

    現在、ダイエット・更年期向けの食事アドバイスを行っている。

えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?