中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由

中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由

 

最近、スーパーでもサラダ油、オリーブオイル、ごま油など色々な種類の油がおいてあります。特にサラダ油、オリーブオイル、ごま油の3つの油は馴染みがあり家庭で常備されている方も多いと思います。

 

その他にも、今注目されている油の一つとして「亜麻仁油」があります。この油には、今日本人が不足しがちなオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

 

油はカロリーが高くて、脂肪をつけたくない人には控えたい食材と思いがちですが、きちんと選んで上手に摂ることによって健康な体を作るサポートをしてくれる食材です。

 

亜麻仁油は、体に良い効能をたくさん持っている油になります。効能の一つとして、中性脂肪や悪玉コレステロールを下げる働きがあります。
そのため、中性脂肪を下げたい方にはぜひおススメしたい油となります。

 

まずは、亜麻仁油の正体を知ってもらい、なぜいいのかを理解して、これからどのように亜麻仁油を取り入れたらいいのかを詳しく説明していきたいと思います。

 

亜麻仁油の特徴

亜麻仁油はオメガ3脂肪酸・中性脂肪を下げる働きがあります

 

まず、亜麻仁油の特徴について紹介します。油は、脂肪酸とグリセロールから構成されています。油の種類の違いは、脂肪酸の構造の違いによって分類されます。

 

亜麻仁油の脂肪酸は、約50%以上はオメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸になります。α-リノレン酸は体内で合成できない脂肪酸であるため「必須脂肪酸」と呼ばれています。そのため、食材から摂る必要があります。

 

もう一つの必須脂肪酸には、α-リノール酸というオメガ6系脂肪酸があります。こちらのα-リノール酸は大豆油やごま油などに多く含まれており、通常の食事をしていれば、十分にオメガ6系脂肪酸は摂ることができます。

 

一方、オメガ3系脂肪酸は、亜麻仁油、しそ油、魚の脂に含まれており不足しがちです。厚生労働省は、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸を4:1の割合で摂ると生活習慣病の予防に効果的であると発表しています。

 

亜麻仁油に多く含まれるオメガ3脂肪酸の効能

では、次に亜麻仁油に多く含まれるオメガ3脂肪酸の効能について説明します。

 

オメガ3脂肪酸は、他の脂肪酸に比べて折れ曲がる構造を持っています。そのため、他の脂肪酸よりしなやかに動くことができるのです。体内では、血液をサラサラにしてくれる働きをもつというイメージを持ってもらうといいでしょう。

 

オメガ3脂肪酸は、動脈硬化を予防することが知られています。これは、中性脂肪やLDLコレステロールを低下させる働きをもつためです。その結果、血の塊である血栓ができにくくなり、血管のつまりを起こしにくいのです。

 

動脈硬化を予防するため、心疾患、脳血管疾患などの予防にもつながります。その他にも、免疫機能を正常化、アレルギー炎症の抑制、脳細胞の活性などさまざまな体に良い効能を持つことが報告されています。

 

亜麻仁油の選び方

次に亜麻仁油の選び方について紹介していきます。亜麻仁油の約50%がオメガ3脂肪酸であることから、一日の目安量としては4〜5グラム(小さじ1杯程度)と覚えておくといいでしょう。

 

亜麻仁油は、酸化しやすく、熱や光に弱いという特徴があります。そのため、購入する際は低温圧搾と書いてあるものを選ぶようにしましょう。

 

また、容器は遮光瓶で小さい瓶に入っているものがおススメです。遮光瓶でない場合は、アルミホイルで巻いておくようにしましょう。また、開封後は冷蔵庫に保存して、なるべく早く使いきるようにするといいでしょう。

 

劣化を判断するには、魚のような匂いがし始めたら劣化していると判断してください。劣化したものは酸化した油であるため、活性酸素を発生させ細胞などを傷つけてしまいます。もったいないですが食べない方がいいでしょう。

 

亜麻仁油の上手な摂り方

では、次に亜麻仁油の上手な摂り方についてご紹介します。先ほども伝えたように、亜麻仁油は酸化しやすく、熱や光に弱いです。そのため、炒め物や揚げ物などの加熱料理の調理過程で使うのはおススメできません。

 

一番簡単な食べ方としては、サラダのドレッシング代わりに亜麻仁油と塩をかけて召し上がることです。
もっと濃厚なドレッシングで食べたいときは、豆腐、味噌、ごま、亜麻仁油をブレンダ―などで混ぜ合わせると手作りの胡麻ドレッシングができあがります。

 

また、副菜の煮物、冷奴、納豆に亜麻仁油をかけて食べるのもいいでしょう。その他には、スープやお味噌汁に食べる直前にかけて食べるのもおススメです。

 

主食であるごはんやパスタにも使うこともできます。例えば、ご飯にふりかけと亜麻仁油を混ぜておにぎりを作れば、亜麻仁油おにぎりができます。
おにぎりが冷めてもお米がかたくなりにくいというメリットもついてきますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

パスタの場合は、パスタを茹で終わる1分前に、えのき、まいたけ、しめじなどお好みのきのこ類をいれてください。
茹で終わったら、湯切りをして、明太子、亜麻仁油を入れて混ぜ合わせます。最後に細切りした大葉をトッピングすると、きのこの明太子パスタの出来上がりです。

 

このようにサラダ、汁もの、ご飯もの、麺料理などさまざまな料理で亜麻仁油を取り入れることができます。そのため、毎日飽きずに亜麻仁油を摂ることができます。

 

また、自炊する時間がなく外食が多い方には、小分けパックしてある亜麻仁油がおススメです。持ち運びが便利であるため、外食のランチについているお味噌汁にかけてたり、コンビニのサラダのドレッシング代わりにかけるなどができ、気軽に毎日摂ることができます。

 

まとめ

今まで、亜麻仁油について詳しく紹介してきました。亜麻仁油は、中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させる効能など体に良い働きをもつ油であることがわかったと思います。

 

ただ、熱や光に弱く酸化しやすいので、「遮光すること」「早めに使い切ること」「加熱せず生で食べること」に注意することで効率よく亜麻仁油を摂ることができます。

 

主食、主菜、副菜などさまざまな料理にかけて食べることができるので、自分が好きな食べ方を探してみると楽しく取り入れることができると思います。

 

ただ、体に良い油と言って食べ過ぎるとカロリーオーバーになり肥満へつながります。適量を守ることは忘れないでくださいね。
多くのスーパーなどで購入できるので、ぜひ今日から亜麻仁油を食べる習慣を取り入れてみましょう。

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • あやさん
  • 資格:管理栄養士
  • 大学・大学院で生活習慣病について研究。卒業後、製薬会社に勤務。栄養学に興味を持ち、管理栄養士資格を取得。

    現在、ダイエット・更年期向けの食事アドバイスを行っている。

中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!
ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!