腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?

腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?

 

腸内環境の良し悪しは排便習慣の有無にとどまらず、全身のさまざまな箇所に影響を及ぼしていることがわかってきました。

 

私たちの身体は約60兆個の細胞から成り立っているとされていますが、腸内には100兆個を超す数の腸内細菌が生息しているとも言われています。

 

腸内環境はそれほどまでに多くの腸内細菌によって形成されているわけですから、日頃の食習慣や生活習慣などによって個人差がうまれるのも無理のない話です。

 

そして中性脂肪との関連についても、どうやら腸内環境は無関係ではなさそうなのです。

 

腸内環境と肥満の関係

腸内環境を整えると中性脂肪の蓄積が抑えられる!?

 

肥満と腸内環境の関連は、全貌が明らかになっているわけではありませんが、どうやら太りやすい人とそうでない人とでは、腸内環境に多く生息する腸内細菌の分布が異なるのではないかという研究が、積極的に進められています。

 

私たちは口から食べた物を小腸までの消化管で少しずつ消化していき、大半を小腸で、残りわずかな水分や無機質を大腸で吸収し、残渣は大腸で便を形成して排泄しています。

 

大腸では単に便を形成するだけでなく、大腸に生息する腸内細菌によって食物繊維のように人間の消化酵素では分解できないものも分解し、腸内細菌の栄養にしています。ただし菌の種類によって分解能力が高いものもあれば、低いものもあります。

 

太りにくい人では、分解能力の高い腸内細菌が多く、その産物として酢酸などが生成されます。酢酸の生成は脂肪の蓄積を抑えるたんぱく質を活性化し、筋肉でのエネルギー消費量が増え、脂肪細胞に脂肪酸が蓄積するのを抑えているのではないか、という一連のメカニズムが想定されるようなのです。

 

これらの研究は「この菌が腸内環境にいれば太らない」という段階までには到達していないものの、どうやら腸内環境の整備は肥満や中性脂肪の蓄積の抑制にも役立つのではないかという期待を持っても良さそうなのです。

 

「腸内環境が整っている」とは

腸内には100兆個を超すとも言われている数の腸内細菌がいるのですが、そのいずれもが私たちにとってうれしい働きをしてくれるものとは限りません。

 

私たちにとって有用な働きをしてくれる、いわゆる「善玉菌」は腸内細菌のうち約20%程度、一方私たちにとって有害な働きをする「悪玉菌」は約10%程度と考えられています。
残りの約70%は「日和見菌」。中間的な存在で、良くも悪くもないのですが、この多勢の菌は腸内環境で優位な方の味方をするのです。

 

善玉菌が20%、悪玉菌が10%というバランスが保てていれば善玉菌が優位なので、日和見菌も善玉菌の味方をし、腸内環境は私たちの身体にとって有用な状態、つまり腸内環境が整っている状態になります。

 

もし悪玉菌が優勢になると、日和見菌の加勢もあって腸内環境が乱れてしまうというわけです。ですから腸内環境を整えるためには、善玉菌を元気にする方法を考える必要があります。

 

善玉菌を元気にする方法

 

@善玉菌を摂取する

ヨーグルトや漬物などの発酵食品を食べて、善玉菌を体内に取り入れるというのが一つ目の方法。善玉菌の代表的なものにビフィズス菌や乳酸菌がありますが、発酵食品はこれらを含んでいます。

 

ただし腸内に生息する菌の数は膨大ですので、わずかな量を1回食べたくらいでたちまち環境が改善するということではありません。

 

また、人によって、どの菌が腸内にとどまりやすいか否かといった条件も異なるとされていますので、毎日習慣化して善玉菌を摂取するのが良いでしょう。

 

A善玉菌のエサになる食物繊維を摂ろう

腸内にいる善玉菌に元気でいてもらうために、善玉菌を育てることをしましょう。エサになるものはいくつかあります。

 

まずは「食物繊維」。食物繊維には水溶性と不溶性があって、水溶性食物繊維を多く含むのは主に果物や海藻、こんにゃくなど。不溶性食物繊維は野菜や豆類などに多く含まれています。

 

食物繊維は善玉菌のエサとなるだけでなく、便を形成するのにも役立ちます。便がある程度のボリュームを持たないと腸管を刺激しないので便意をもよおしません。排便によって余計なものを体外に排泄すれば、腸内環境はますます良好になります。

 

食物繊維の摂取で最近注目なのが、「レジスタントスターチ」。レジスタントスターチは水に溶けないでんぷんの一種で、私たちの身体で食物繊維として働き、ビフィズス菌を増やす働きが優れているとされています。

 

身体の中では食物繊維のように働きますが、正確には食物繊維ではなく消化されにくいでんぷんですから、水分を吸収しながら腸にまで届いて満腹感を与えたり、ビフィズス菌のエサになってくれたりします。

 

雑穀やコーンフレークなどに含まれているほか、冷ご飯やじゃがいもを冷えた状態で食べるといったでんぷん質を「冷やす」ことによっても増えるとされています。

 

B善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂ろう

難消化性の性質を持ち、腸内環境を整えること知られているものに、オリゴ糖があります。低エネルギーの甘味料として販売されているものもありますが、はちみつやごぼうなどにも含まれています。

 

消化されにくいために大腸まで届いて善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助けることで知られています。便秘改善にも働くとされています。

 

まとめ

腸内環境を整えることは全身のコンディションを整えると言っても過言ではありません。とは言っても目に見えない腸内細菌のパワーバランスをどうやって良い方向に導いたら良いのか、悩んでしまわないでしょうか。

 

腸内環境を整えるのは思いの外簡単で、善玉菌を応援すれば良いのです。今回ご紹介したことを単独で実践するもよし、まとめと実践するもよし。

 

たとえば「ハニーバナナヨーグルト」。乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌を含むヨーグルトにオリゴ糖を含むはちみつ、食物繊維とオリゴ糖の両方を含むバナナをあわせてデザートにしてみてはいかがでしょうか。適度な甘さもありますので食べやすく、日々の習慣にするのもさほど手間のかからない方法です。

 

良いと言われる方法を実践して、本当に効果が出ているか不安になったら、ぜひ毎日ご自身の便の状態を確認してください。

 

するんと気持ちのいい排便が得られ、十分量できちんと形を保てている茶褐色の便が出てくれば腸内環境は良好です。効果はすぐに実感できるはず。まずはトライしてみてください。

 

 

 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

この記事を書いてくれた管理栄養士さん
  • 管理栄養士のチカさん
  • フリーの管理栄養士として、ライター業務のほかに、食関連資格の教材作成や専門学校講師などの仕事をしています。

腸内環境を整えることは中性脂肪対策になる?の関連ページ

中性脂肪を増やさないための食生活見直しのポイント
中性脂肪が高い人が気を付けるべき外食メニュー選びのポイント
りんごが赤くなると医者が青くなる!りんごを食べて中性脂肪対策
リンゴ酢で中性脂肪や内臓脂肪が減る?酢の上手な摂り方
豆腐や納豆は中性脂肪対策の強い味方です
中性脂肪が高い方へ!お酒を飲むときに食べると良い物&居酒屋メニュー
中性脂肪が高い人は仕事で帰りが遅い時の夕食はどんな食事がいい?
中性脂肪が高い人は脂肪肝の可能性も!?脂肪肝を改善する食事のポイント
たまねぎが中性脂肪を下げる!?たまねぎ氷で中性脂肪対策
中性脂肪が気になる人のための油選び方・摂るべき油と減らすべき油
中性脂肪だけじゃなくLDLコレステロールも高い!どんな食事にすればいい?
中性脂肪を下げるトクホに使われる難消化性デキストリンはどんなもの?
トマトジュース・塩トマト!13オキソODAパワーで中性脂肪対策
ガゼリ菌SP株のヨーグルトを食べて中性脂肪を下げることはできる?
EPA・DHAを摂るにはどんな魚をどうやって食べるのが良い?
中性脂肪を下げるにはビタミンB群を摂ることが重要です
朝食抜きはダメ!中性脂肪の改善には朝食を食べよう!
しいたけは中性脂肪を下げる食品・エリタデニン&ナイアシンがキモ!
中性脂肪を下げたい方に亜麻仁油がおすすめな理由
中性脂肪を下げるには「早食い」を止めて「食べる順番」に気を付けよう
中性脂肪を下げたい方のためのお肉の選び方&調理法
中性脂肪を下げるお茶の種類
緑茶は中性脂肪を下げたい方におすすめ!キモは淹れ方にあります!
甘いものは中性脂肪の敵!?糖質を摂り過ぎない工夫
えのき氷・干しえのき・エノキタケは中性脂肪を下げる食品
中性脂肪が高い人は食物繊維をたっぷり摂りましょう!
中性脂肪が高い人は動脈硬化対策に抗酸化物質も摂りましょう
わかめ・昆布・ひじきなどの海藻を食べて中性脂肪対策
れんこんのポリフェノールに中性脂肪を下げる働きあり!?
舞茸のMX-フラクションが中性脂肪を減らす!舞茸の効果的な食べ方
甘酒に中性脂肪を下げる働きがあるって本当?米麹甘酒の栄養素と効果
中性脂肪を下げたい方に「えごま油」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「グリーンナッツオイル」がおすすめな理由
中性脂肪を下げたい方に「ヘンプシードオイル」がおすすめな理由
食物繊維たっぷり&低カロリーの「ごぼう」を食べて中性脂肪対策
にんにくの栄養素には中性脂肪を減らすパワーが秘められていた!
中性脂肪を下げたい方は「ココナッツオイル」も上手に活用しよう
コーヒーに中性脂肪を下げる効果はある?
「寒天」を食事に取り入れて中性脂肪を下げよう
中性脂肪を下げる超善玉物質「アディポネクチン」を増やす方法
食物繊維&ビタミン豊富な青汁を飲むことは中性脂肪対策になりますか?
もち麦と押し麦、中性脂肪を下げる食事にはどっちがいい?
ウーロン茶は中性脂肪を下げる?黒烏龍茶と普通のウーロン茶の違いは?
ナッツ類(くるみ、アーモンド、ピーナッツ)は中性脂肪を下げる!
中性脂肪が高い人は注意!動脈硬化を防ぐ食生活
EPAたっぷりの「サバ缶」は中性脂肪を下げたい人の味方!
中性脂肪高い原因は食事にある!?
EPA・DHAが多い青魚のいわし(鰯)を食べて中性脂肪を下げる
中性脂肪を下げるにはどんな野菜がおすすめですか?
野菜ジュースには中性脂肪を下げる効果はありますか?
「オサカナスキヤネ食」は中性脂肪対策になるバランスの良い食事
うどんかそばか迷ったら!?中性脂肪が気になる人は低GI値のそばを!
パスタは中性脂肪が増えにくい低GI食です
中性脂肪対策になる!?オリーブオイルの活用法
蒸し大豆を中性脂肪対策の食事に取り入れよう
アジ(鯵)を食べて中性脂肪を下げよう!
サバ(鯖)を食べて中性脂肪を下げよう!
サンマ(秋刀魚)を食べて中性脂肪を下げよう!
マグロ(鮪)を食べて中性脂肪を下げよう!
サケ(鮭)を食べて中性脂肪を下げよう!
ブリ(鰤)を食べて中性脂肪を下げよう!