さんまといんげんのコチュジャン炒め

さんまといんげんのコチュジャン炒め

 

さんましょうゆ煮缶を使って、甘辛い味付けのコチュジャン炒めを作りました。

 

さんましょうゆ煮缶はしっかりと味が付いているので、さっと炒めるだけであっという間に出来上がる一品になります。

 

汁ごと使用することで、EPA・DHAを余すことなく摂取できます。

 

また、ごま油を使って炒めることで、抗酸化作用が高まり、EPA・DHAを効率的に摂ることができます。

 

 

EPA・DHAが摂れる目安量&カロリー

  • EPA:1450.00mg
  • DHA:2465.00mg
  • カロリー:451kcal

 

 

<材料>1人分

  • さんましょうゆ煮缶・・・1缶(145g?固形量100g)
  • いんげん・・・50g
  • しょうが・・・1片(3g)
  • ごま油・・・小さじ1
  • コチュジャン・・・小さじ1

 

 

<作り方>

  1. いんげんは洗って1/2〜1/3の長さに切り、固めに茹でておく。しょうがは千切りにする。
  2. フライパンにごま油を入れ弱火で熱し、いんげんを炒め、さんま缶・しょうがを加えて蓋をする。
  3. さんまが温まったらコチュジャンを加え、汁気がなくなるまで炒める。

 

トクホを取り入れた中性脂肪対策もアリです!

いくら食事に気をつけようと思っても、毎日毎日、中性脂肪対策レシピで献立を考えるのも大変ですよね(>_<)


そこで、ムリせず続けるために、トクホのイマークSを取り入れてみてはいかがでしょうか?


中性脂肪対策レシピで作った料理が用意できない日でも、これを飲めば毎日中性脂肪対策ができますよ!


イマークSを5つのポイントでチェック&レビュー!実際に6ヶ月続けた効果は?


 

DHA・EPAサプリメントランキング

 

このレシピは、管理栄養士&フードコーディネーターのNOKKOさんが作りました。

野菜・海藻・きのこなど食物繊維の多い食品を使った料理や疾病に合わせたレシピの作成を得意としている管理栄養士さんです。