EPA・DHAたっぷりのいわしの缶詰を使ったレシピ

いわしの缶詰めを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

 

いわしの缶詰にもいくつか種類がありますが、スーパーなどで普通に手に入る「いわしのしょうゆ煮缶」「味噌煮缶」「蒲焼缶」「オイルサーディン」を使っています。

 

それぞれの缶詰の特徴を生かしたレシピになっていますので、ぜひ一度おためし下さい。

いわしの缶詰レシピ一覧

いわしきんぴら

きんぴらごぼうにいわしのしょうゆ煮缶詰をプラスして、いつものきんぴらごぼうと一味違った味わい深い一品になります。いわしの旨みがごぼうにしみて、すごくおいしいですよ!青魚の中でもいわしはEPAの含有量が最も多い魚です。いわししょうゆ缶を使うことで、味付けの手間がなくきんぴらを作ることができます。缶を汁ごと使用することで、ごぼうにもしっかりと味がしみ込み、余すことなくEPA・DHAを摂ることができます...

いわしときのこの炒め煮

いわしのしょうゆ煮缶詰と食物繊維たっぷりのきのこ(しめじ&まいたけ)を合わせた一品。しめじとまいたけで微妙に異なる味や食感も楽しめますよ。青魚の中でも、いわしはEPAの含有量が最も多い魚です。いわししょうゆ缶を使うことで、味付けの手間がなくかんたんに料理をすることができます。缶を汁ごと使用することで、きのこが汁を吸い、余すことなくEPA・DHAを摂ることができます。中性脂肪を下げる食材であるまいた...

ピーマンとつきこんにゃくのいわし味噌煮

ピーマンとこんにゃくをいわし味噌煮缶詰と組み合わせた一品。ピーマンといわしが意外と合うのは新たな発見です。青魚の中でも、いわしはEPAの含有量が最も多い魚です。もちろんDHAも豊富に含まれています。中性脂肪を下げる食材である、つきこんにゃくを使用しています。こんにゃく類には中性脂肪やコレステロールを下げる効果があるので、毎日たっぷりと摂りましょう。つきこんにゃくの量が多いため、調味料を足して味を調...

いわしと里芋の味噌煮

いわしの味噌煮缶詰と里芋、ニンジンの根菜類を組み合わせた一品。片栗粉でとろみをつけてあるので、いわしの旨みと味噌の味が里芋に絡んでおいしいですよ。青魚の中でも、いわしはEPAの含有量がもっとも多い魚です。もちろんDHAも豊富に含まれています。いわし味噌煮缶を使い、落とし蓋をしてじっくり煮ることで、味付けの手間がなくかんたんにおいしい味噌煮を作ることができます。片栗粉で煮汁にとろみをつけることにより...

いわしのうざく風

いわし蒲焼缶と水溶性食物繊維たっぷりのわかめ、きゅうりでつくる「うざく風」の一品。酢としょうがの風味でさっぱりとした味わいを楽しめます。EPA・DHAは青魚に多く含まれていますが、いわしにはもっとも多くのEPAが含まれており、DHAも豊富に含まれています。いわしのかば焼きはアルミホイルに乗せて焼くことにより、脂を落とすことなくEPA・DHAを摂ることができます。酢のものと和えることでさっぱりした1...

いわしの梅マヨサラダ

いわし蒲焼き缶とレタス・トマトを合わせてサラダにしました。梅マヨネーズとのいわしの相性がぴったりで、野菜もモリモリ食べられます!EPA・DHAは青魚に多く含まれていますが、いわしにはもっとも多くのEPAが含まれており、DHAも豊富に含まれています。サラダにも合わせることができ、また梅干しを使うことで、さっぱりした1品になります。トマトには中性脂肪を下げる効果があり、また強い抗酸化作用を持つリコピン...

オイルサーディンの和風パスタ

オイルサーディン缶と南イタリアで定番のショートパスタ「カザレッチャ」で作るパスタ。少しのおしょうゆの香りで和風になります。普通のパスタでもいいですが、ソースが絡みやすい「ガザレッチャ」で作るとなおGoodです。オイルサーディンとは、いわしの頭と内臓をとり塩水に浸けたあと油漬けにしたもので、いわしには多くのEPA・DHAが含まれています。汁ごと使うことで、EPA・DHAを逃すことなく摂ることができま...

オイルサーディンとたたきれんこんの炒め

オイルサーディンとれんこんを合わせた炒め物です。ワインビネガーを使うことで、魚のにおいを抑え、食べやすい一品に仕上げました。イワシの旨みと、たたき割ったれんこんの食感が楽しめます。にんにくが効いてておいしいですよ!オイルサーディンとは、いわしの頭と内臓をとり塩水に浸けたあと油漬けにしたもので、いわしには多くのEPA・DHAが含まれています。食物繊維の多いれんこんには中性脂肪やコレステロールを下げる...