EPAの含有量が多いDHA・EPAサプリメントランキング

EPAの含有量が多いDHA・EPAサプリメントをご紹介します。

 

EPAの含有量が多い方が良い理由はこれです。

 

  1. EPAの方が中性脂肪を下げる効果が高い
  2. EPAは食品から摂取しないと取れない

    ⇒DHAは体内でEPAから作られる

  3. EPAの方が摂りづらい

    ⇒食品に含まれる量はEPAの方が少ない

  4. EPAは効果の根拠になる研究データが豊富で医学的利用もされている

 

つまり、効果は高いのに、食事からでは摂りにくいEPAの方を優先して、サプリメントで補いましょうということです。

 

ただ、これからご紹介するのは、単なるEPAの量が多い順のランキングではありません。
市販されているDHA・EPAサプリから、管理人が選んで実際に購入して試してみた商品を、次の4つのポイントで判定したものです。

 

  1. EPAの量(200mg以上)
  2. EPAとDHAを合わせたオメガ3脂肪酸の量(400mg以上)
  3. 酸化防止がきちんとされているか
  4. 製品の安心度

 

実は、EPAの含有量が200mg以上の商品はあまり数がありません!
その中から上記4つの条件で、品質面でも安心できるものをご3つに絞ってご紹介します。

 

イマークS

EPAの量 600mg
DHAの量 260mg
EPA+DHA合計 860mg
酸化防止方法 ・酸化防止剤配合(チャ抽出物・ゴマ油抽出物・ビタミンE・ビタミンC)

・1回分をアルミボトルで密封

製品の安心度 ・特定保健用食品(消費者庁許可)

・高純度なEPAを生産する技術を持っている企業が製造

イマークSのココに注目!

EPAの量が600mgとダントツで多いのはニッスイの「イマークS」。
中性脂肪が気になる方向けのトクホなだけあって、EPAがメインの商品になっています。
ニッスイはEPAのパイオニアで高純度なEPAを生産する技術を持っている企業なので品質も安心。
私も6ヶ月間飲んで効果を実感できたおすすめの商品です。

 

美健知箋EPA&DHA(びけんちせん)

EPAの量 200mg
DHAの量 550mg
EPA+DHA合計 750mg
酸化防止方法 ・酸化防止剤配合(ビタミンE)

・シームレスカプセル
・1回分をアルミパック包装

製品の安心度 大手製薬会社の佐藤製薬が製造
美健知箋EPA&DHA(びけんちせん)のココに注目!

EPAの量は200mgですが、DHA・EPAサプリの中では多い方です。
EPA・DHAの合計量は750mgとトップクラス。
それに加えて、酸化防止対策を3種類で行っている点を評価しました。
ユンケルでおなじみの佐藤製薬が製造・品質管理を行っているので安心度も高いです。

 

大正製薬DHA・EPA

EPAの量 200mg
DHAの量 400mg
EPA+DHA合計 600mg
酸化防止方法 ・酸化防止剤配合(ビタミンE)

・1回分をアルミパック包装

製品の安心度 大手製薬会社の大正製薬が製造
大正製薬DHA・EPAのココに注目!

EPAの量は200mgですが、DHA・EPAサプリの中では多い方です。
EPA+DHAの合計量は600mgと2位の美健知箋EPA&DHAに次ぐ量。
酸化防止対策を2種類で行っている点を評価しました。
製薬会社が製造、品質管理を行っているので安心度も高いです。